インプラントは歯が抜けた部分に人工の歯根を埋め込み、新たな歯を造る方法で、耐腐食性に優れ、金属アレルギーが非常に少ない純チタンでできています。 インプラントを行うことにより、隣の健康な歯を削ることなく、他の歯の負担を軽減します。 また、少数のインプラントを埋め込むことにより、入れ歯を安定させることもできます。
インプラントのメーカーは世界で数百社あります。 しかし50年以上の実績があり高い成功率を誇るメーカーは3~4社しかなく、全てヨーロッパのメーカーです。

冨永歯科医院ではスイスに本社を置くストローマン社のインプラントを使用しています。 世界70か国以上、全世界18%のマーケットシェア(世界No.1)を誇り、50年以上にわたる研究開発と充実した検査体制に裏付けされた信頼できるインプラント製品です。 埋入後、長期にわたる安定性が多くの研究により報告されています。

インプラント症例1

欠損部に1本インプラントを植立することにより、両隣の歯を削らないですみます。

インプラント症例2

複数のインプラントを植立することにより、入れ歯を入れなくてすみます。

インプラント症例3

手術や事故による顎の骨の大きな欠損のため、入れ歯が不安定になっても数本のインプラントを
植立することにより、入れ歯を安定させることができます。